ARTISTS

森広隆

鹿児島生まれ。シンガーソングライター。B型。座右の銘は「グルーヴしようぜ☆」。

子供時代には二つのレコーダーを使って交互に音を重ね、ゲーム音楽のコピーをして遊ぶ。

平凡に育つも、青年期から独学で作詞作曲を始め、制作したデモテープを音楽出版社に送ったことがきっかけとなり、

その才能を見出され、瞬く間に音楽関係者の間で評判になる。

 

2001年にワーナーミュージックジャパンよりメジャーデビュー。

2002年のシングル『ゼロ地点』が注目を集め、ファンキーなギターのカッティングと広い声域で

ソウルフルに歌うヴォーカル・スタイルで話題となる。

『Rainbow Seeker』では新しい時代のシティポップを確立。

そのソングライティング能力が買われ、V6への楽曲提供や、プロデューサーとして”Coa”名義で、

Rip Slyme、DEPAPEPE、カノエラナなどと共作している。

 

最新アルバムはブリッジレコーズよりリリースした『A Day in Dystopia Ver.1.1』。
「繊細にしてパワフル」奇跡とも言える彼の美しいハイトーンヴォイスは現在も進化中。

そのギタープレイに合わせて川畑完之氏により特別に製作された”Groovecaster”を操り

バンドアンサンブルを追求する傍ら、近年はルーパーによるパフォーマンスなども取り入れ、

精力的に作品のリリースやライブをこなしている。

本質を大切にしながらも新しいポップスを作り続ける姿勢に、クリエイターやミュージシャンのファンも多い。

SHARE
ライブハウスLOOP